トップイメージ
「スプレッド」とは外為取引は二国間の通貨を売買の注文をして儲けを上げる投資です。トレードの価格は常時変動しています。それがマーケットです。テレビを見ているとマーケットの話題が流れる場合があります。よく見るのが「本のマーケットは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。これは80円50銭から80円52銭の幅の中で売り買いされているという事を表しているのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを言い表しています。つまり、買いと売りの2個の値が存在します。売値のことをBID、買値のことをASKと表現している取引業者も存在しています。一般的に売値のほうが買値よりも安価になっています。あなたが買値は高く、売値は低くなるのが一般的です。その差をスプレッドといい取引会社の儲けの一部になっています。スプレッドの差は業者によって異なります。スプレッドの差は自分にとって費用になるので、小さいFX会社を選んだほうが得します。ただし、同じFX取引会社でも場面に応じてスプレッドの幅は変化します。例えば円とドルの通貨ペアで1銭のスプレッドの差でも、為替の動きがとても激しいときには1銭よりも広くなったりする場面があります。そのため、スプレッドの広さが狭いのと共に変化が小さいということが重要です。動かないスプレッドの狭さを提示する業者もあります。実際に業者の注文画面内で実際の為替相場を確かめなければ見分けられないので面倒ですが、不可欠な事です。重要な財産を賭けてエントリーしますので本当のエントリーの前に心惹かれたFX取引会社の取引口座開設を全てして、表示されているスプレッドの差を実感しましょう。同じ通貨のペアでもその瞬間の市場のボラティリティによって、外貨のスプレッドの幅は異なることがあります。普通は、銀行間取引市場で流動性の高い通貨ではスプレッドの広さが狭く、別のペアではスプレッドの広さが広がる事が多いです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.reconstructart.org All Rights Reserved.