トップイメージ
民事再生による解決は住宅ローンなどを含めた複数の債務に苦しむ方を対象として、住んでいるマンションを維持したままで経済面で立ち直っていくための法による債務を整理する選択肢として適用された制度です。破産申告とは違って免責不許可事由はないので、賭け事などで借りた場合もこの手続きは問題ありませんし破産宣告をすれば業務停止になる資格で生計を立てている方でも民事再生は可能になります。破産宣告では、住んでいる家を保有したままにすることは許されませんし他の債務処理方法では、やはり元金は支払っていかなくてはなりませんので、住宅ローンを含めて払っていくのは現実として難しくなるでしょう。しかし、民事再生という手続きを選ぶことができれば、住宅ローンを除く借金額はかなりのカットすることが可能ですので余裕をもって住宅のローンを支払いながらあとの借金を支払い続けるようにできるということなのです。いっぽうで、民事再生による解決は任意整理による手続きまたは特定調停といった処理とは違ってある部分だけの負債を除き手続きすることは許されませんし、破産においてのように返済義務そのものが消えてしまうということでもありません。さらには、別の手続きと比べると手続きが煩雑で手間もかかりますので住宅ローン等を持っていて住んでいる家を維持していきたい状況等以外において破産申告等といったそれ以外の整理ができない時の手続きとして考えていた方がいいでしょう。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.reconstructart.org All Rights Reserved.