トップイメージ

現実にPCの画面の前に座り、リアルタイムで変化している相場を見ていると、すぐにトレードをしなければならないという抑えようのない気持ちが生じる場合も少なくないだろう。老朽化と立ち退き料について

だが、ぼんやりした思いつきで売り買いをするのだけは、絶対に避けてほしい。男 陰毛 脱毛

分かっていると思いますが、相場は年中、休みなくいずれかの為替相場はやっているし相場も常時、変動している。全身脱毛 大阪

しかし、何度も売買を積んでいくとそれだけマイナスになる危険が高くなってしまいます。渋谷の風俗

確かにトレードの回数を重ねることによってトータルで儲けられる確率が50%、50%に近づくのは事実です。

けれどもこの事実は「ぼんやりとした直感で注文」とは別の話です。

取引回数を積み重ねる意味というのは、あなたが「ここがチャンス」と考える時機を得たところでの売買回数を積み重ねるという事です。

ただ、休む間もなくエントリーを繰り返すのとははっきりと異なります。

相場の駆け引きに臨むには、自分がよく考えて緩急をつけることこそが必要です。

「ここは勝てる」と思った外国為替市場の時には思い切って保持ポジションを増やして儲けを追求します。

「かなり悩ましい外国為替相場で、どう上下するのか思いつかないな」と思ったならば、諦めてポジションをひとつ残さず諦めて静観します。

それぐらいのテンポでやった方が、結果的にトレードは儲けられます。

市場の名言には「休むも相場」というものがある。

文字通りその通り。

外国為替相場とはいつでもポジションを持つことがすべてではなくどの売買ポジションも所有せずじっとしていることも場合によっては、相場です。

それならば、いつ休めばいいのでしょうか。

第1に言われるのが先に述べたように、最近の外国為替相場が具体的に見通しがきかない時です今後上がるのか下がるのか判断できない時は、ヘタに動くと、自ら思った筋書きとは逆に相場が向ってしまい損失を被る事になります。

こんな状況ではポジションを整理して、そのまま何もしないで黙ってみているだけが良い方法です。

次に、自分のコンディションがすぐれない時です。

コンディションと外国為替相場につながりがない感じる投資家もいるだろうが。

大きく関係がある。

体の調子がよくなければ、マーケットの判断しなければいけない場面で、必要な決定ができません。

興味がわかない時は市場から目をそらす事も肝心な事です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.reconstructart.org All Rights Reserved.