トップイメージ

近年どの自動車保険会社も料金つり上げ傾向にあります。

保険が料金の釣り上げをするなどという事態が起こってしまうと、私たち自身の暮らしにとても大きく打撃を与えるといえます。

しかし、一体なぜ運転者を守る自動車保険が値段釣り上げという現象に見舞われているのか、ご存知でしょうか。

原因として明言できることは大まかに二項目あるのです。

最初に、高齢者の自動車運転者が増えているせいです。

マイカーを保持しているのがまったくもって当たり前の世界になってしまった故、高齢の乗用車所持者も増加しています。

そして全国的な傾向として高齢化を迎えつつあるというようなこともあるので、加速度的にお年を召した自動車運転者が増加することが確実です。

高齢者の場合は通常は保険料が安価に販売されているため、会社にとっては、ほとんど積極的にしかけていく理由があるとは言えません。

当然ですが保険の掛金が低いのに自動車事故などのトラブルを処理する場合高額なお金を被保険者に支払わないとならないためです。

こういったケースでは損になるリスクが非常に高くなるため会社は保険料を高値にしていくという方法で身を守るしかありません。

続いて、2番目の理由に挙げられるのは若者の自動車所有への興味のなさだと考えられます。

お年寄りの自動車持ちは増えているのですが、逆に若い世代は自動車に憧れを抱かなくなってきたのです。

この原因にはどんな事情があるかと言いいますと、バスなどの交通に関するインフラの拡充と金銭的なことです。

盤石な職業にありつくことが困難な若い世代が数多く存在するということから、自動車を買う力がないという方も当然多くいるのです。

その上、一昔前の考え方であれば、自動車を所持している事がサラリーマンのステータスでありましたが、それがステータスであるとは言いにくくなってきたのが現状でしょう。

そのため月々の掛金がお年を召した方に比べて高額な若い世代の保険利用者が年々低減していると考えられます。

このような事が積み重なって、保険会社も保険料釣り上げに踏み切らざるを得ないのだと思われます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.reconstructart.org All Rights Reserved.